tante(タンテ)工房アイザワ
>ブラックピーマン 鉄フライパン26cm

工房アイザワ

ブラックピーマン 鉄フライパン26cm

鉄製のフライパンは、手入れをすれば、一生使えます。

熱伝導が高く、強火で調理出来るので
アッという間に火がきっちり通ります。

長年使うと油が染みこむので、どんどん料理が
美味しく作れるのが鉄フライパンの魅力!

プロの料理人やお料理好きな方が口を揃えて
絶賛するのが実感出来ます。



その他サイズもございます。
(お取り寄せになります。)

16cm 70370
サイズ:164×305×H94mm
価格 2,000円+税

18cm 70371
サイズ:184×335×H107mm
価格 2,300円+税

20cm 70372
サイズ:203×370×H116mm

価格 2,600円+税

22cm 70373
サイズ:222×410×H131mm
価格 2,800円+税

24cm 70374
サイズ:240×435×H134mm
価格 3,200円+税

工房アイザワ

ブラックピーマン
鉄フライパン26cm 70375

サイズ:263×490×H167mm


材質:鉄(板厚:1.2mm)

生産国:日本 新潟県燕市

価格 3,500円+税

     


*IH不可



























持ち手は熱くなりませんよ。

「持ち手は熱くなりませんか?」と 
よくご質問を頂きます。

長い時間火をかけていても持ち手は、
温かくなる程度なので
持ち手に布など巻かなくてもぜんぜん大丈夫です。





油をひいてから表面に煙が少し立ったら
材料を入れると焦げつきません。
(材料によって多少焦げ付く場合もあります。)

焦げついてもガシガシ落とせるのでご心配は要りません。



【鉄フライパンの使いはじめの方法】

1.最初にから焼きをします

初めてご使用の時は、製品のサビ止め皮膜を取るために、
強火で5〜6分から焼きをします。 フチ周りも完全に焼ききります。
から焼きはそのまま自然に冷ましてください。

2.水洗いします

クレンザーをたっぷり使い、金属たわしなどを使用して、
焼けた皮膜をきれいに洗い落とします。

3.野菜くずを炒めます

油を十分に引き、野菜くずなどをよく炒め、煙が出るまで熱してください。
その後、スポンジを使用して水洗いし、水分を完全に拭き取って下さい。


【鉄フライパンのお手入れ】


<ふだんのお手入れ>


使用後はなるべくお湯とたわし、ささらのみで洗います。


 
水気をふきとり遠火にかけるなどして乾燥させてください。

汚れがひどく洗剤を使用する場合は、洗浄してよく乾燥させます。


 
乾燥後、全体に薄く油を塗ってから保存してください。
特に使い始めて間もない頃(5から10回位まで)は、
表面の油が良くなじんでいませんので、洗浄したときは必ず油を塗って保管ください。

<焦げついた場合>

水を入れて煮たせるか、しばらく水を入れたままにしておきます。
焦げつきが落ちやすくなったら、タワシ等でこすり落としてください。
(庖丁の先など鋭利なものは使用しないで下さい)

その後は、火にかけて水分をとばして、食用油を薄く塗っておきます。

<サビが発生した場合>

金属タワシ等でサビを完全に落とします。
あとは、野菜くずなどを炒め、油を引いてください。