タンテ>Essential oil(エッセンシャルオイル 精油100%)

Essential oil(エッセンシャルオイル 精油100%)

一般の芳香剤によくある「混ぜ物があるつくられた」香りではなく、
エッセンシャルオイル(精油100%)特有の自然なやさしい香りが広がります。

自然からの恵みは、「こころ」と「からだ」をやさしく癒してくれます。
効能で選んでも良いし、好きな香りで選んでも良いですね。

もともとエッセンシャルオイル(精油100%)は、
お店で使うように仕入れましたが、お客様にも気軽に
日常でも取り入れていただけるようにお値段も
少しですがお安くしています。 




フローラル系
 人気NO1の万能薬
 不安や気分の
落ち込んだときに
 心を深く落ち着かせてくれます
エッセンシャルオイル 
(精油100%)
ラベンダー
geranium
エッセンシャルオイル 
(精油100%) ゼラニウム
エッセンシャルオイル 
(精油100%)
カモミールローマン
 心地よい穏やかなフローラルの香りは、緊張やストレス、不安感を和らげ、気分をゆったりと鎮静させてくれます。

 ほのかに甘くローズに香の中に、ミントのような香りを含んでいます。不安や気分の落ち込みを和らげ、明るく高揚させる働きがあると言われています。 深いハーブ調の中に、青リンゴに似た
フルーティーな香りの精油です。
柑橘系
 気分をクリアにし、集中力を高める  憂鬱で滅入ってしまうときに
 ダイエットに
効果的

 怒りやいらだちを
和らげる
エッセンシャルオイル 
(精油100%)
レモン
エッセンシャルオイル 
(精油100%)
オレンジ スイート
エッセンシャルオイル 
(精油100%)
グレープフルーツ
エッセンシャルオイル 
(精油100%)
ベルガモット
 気分をクリアにし、集中力を高めるとともに 空気を殺菌浄化する作用にも優れ、デオドラント用としても人気 心の緊張とストレスを払い去り、
気分を元気付けてくれます。

 ダイエットにも効果もあり、さわやかで甘酸っぱい香りは、明るい気分になり、フレッシュさせてくれます。   心の緊張を和らげ、落ち着かせる香り、
フラストレーションを和らげてくれる香りです。
ハーブ系
 「抗うつ症」や「若返り」に

 精神的な疲れを感じたときに

 冷え性の人に
おすすめ

 虫除けアロマとして非常に人気
エッセンシャルオイル 
(精油100%)
ローズマリー
cymbopogon-citratus
エッセンシャルオイル 
(精油100%) レモングラス
エッセンシャルオイル 
(精油100%)
ペパーミント
citronalla
エッセンシャルオイル 
(精油100%) シトロネラ
  精神的に疲労してしまっているときや、覇気がなくなってしまっているときに、元気付けて気力を取り戻すのを助けてくれます。   こころを刺激し、生気を回復させエネルギーを与えてくれるので、精神的な疲れを感じるときに役に立ちます。
 さわやかな香りは、気分を落ち着かせ、リフレッシュさせるオイルです。興奮して寝付けない、というときに優しく眠りにいざなう香りです。 甘く暖かい柑橘系の香りです。
心を高揚させて、
明るく元気にさせてくれます。

樹木系 エキゾチック系 スパイス系
 消臭・殺菌効果が高い万能薬
花粉症や風邪の時季におすすめ
  疲れたときのリラックス効果も高い  心身ともに温かみを与えてくれます。
エッセンシャルオイル 
(精油100%)
ティートゥリー
eucalyptus
エッセンシャルオイル 
(精油100%) ユーカリ
エッセンシャルオイル 
(精油100%)
イランイラン1st
エッセンシャルオイル 
(精油100%)
ジンジャー
 風邪の流行る季節にアロマランプで香らせれば、清潔感あふれる香りでお部屋を満たしてくれます。  花粉の多い時期にも、同様にクールな香りで気分をすっきりさせてくれます。
エキゾチックで甘い香りは
ロマンチックな気分を高めます。
爽やかでスパイシーな甘みのある
香りで心的な活力を取り戻す
助けになってくれます。



エッセンシャルオイル(精油)


精油(せいゆ)、エッセンシャルオイル(英語 essential oil)は、
植物に含まれ、揮発性の芳香物質を含む有機化合物である。
「オイル/油」という字が付くが、油脂とは全く別の物質からできている。

可溶化リポイドで、水に溶けにくく、
アルコール・油脂などに溶ける性質(親油性・脂溶性)を持つ。
現在、約250〜300種類の精油が存在する。

「精油」は100%天然物質であり、人工的に合成した物質を一切含まず、
アルコール希釈などをしていない完全成分のものだけを指す
(狭義では更に水蒸気蒸留法によ抽出された精油に限定される)。

一般的にはハーブ葉の質量に対し0.01%〜0.2%程度しか含有せず、
かつ、全量抽出するには6回から10回程度繰り返し
同じ葉を蒸留しなければ得られない大変に貴重なものである
(1.0kg=1000gの葉に対し1.0g=1.0cc=1.0ml程度の精油全量に対し、1回蒸留で0.1ml)。

よって大量生産は考えにくく、安価なものにはできにくい。
アロマオイルやポプリオイルなどと混同されることもままあるが、
混ぜ物を含み大量生産されるそれらとは全く別物である。

Wikipediaより

エッセンシャルオイルの使い方

洗濯で

柔軟剤投入口にティートゥリーオイルを数滴入れるだけ。
洗剤とティートゥリーオイルだけで爽やかな洗い上がりです。

汗ばんだ時の雑菌の繁殖を抑え洗濯物も臭くなりません。

ネットにたまる糸くずやゴミもねっとりしなくなるし、
柔軟剤のシリコンカスが残らないから洗濯機も爽やかです。


車の芳香剤に

ティッシュに3滴位たらしエアコンの
吹き出し口付近において使うことができます。

ティッシュやハンカチで

ティッシュやハンカチを使えば、場所を選ばず、
手軽に且つすぐにエッセンシャルオイル(精油)の
効果を取り入れることができます

ティッシュやハンカチに鼻を近づけ、香りを積極的に吸入することで
エッセンシャルオイル(精油)の成分を効率的に吸収し、
より効果的にエッセンシャルオイル(精油)の働きを得ることができます。

ティッシュやハンカチに目的に応じた
エッセンシャルオイル(精油)1〜2滴ほど落とします。

これをデスクや枕元に置いたり、鼻を近づけて
香りを直接吸入して効果を得ます。

マグカップで

お湯の中にエッセンシャルオイル(精油)を落とすことで
エッセンシャルオイル(精油)の芳香成分を揮発させ、
呼吸器から取り入れます。

マグカップに熱湯を注ぎます
その上から(精油)を2〜3滴落とします。

湯気と共に上ってくる精油の香りを楽しみながら、
エッセンシャルオイル(精油)の効果を取り入れます。

虫除けに

有害性の心配される市販の虫除け剤は使いたくない
という方の間でアロマを使っての
虫除けを実践される方が増えています。

虫除けスプレーには、「ディート」という薬品が含まれています。
近年ではその有害性が指摘されています。

傷口や唇などに触れた場合体内に取り込まれる上、
使いすぎたり、他の薬品と併用すると神経障害などを
発症することがあると言われており、
カナダなど一部の国では小さな子供への使用が
厳しく制限されています。

エッセンシャルオイル(精油)には、
殺虫剤のように虫を殺す働きないのですが
蚊は、特定のエッセンシャルオイル(精油)の香りを嫌います。

虫除け効果のあるアロマ。
シトロネラ ユーカリシトリオドラ(レモンユーカリ) ゼラニウム レモングラス

虫除けスプレーの作り方
キャリアオイル5mlにエッセンシャルオイル
(精油)10滴を加え、よく混ぜ合わせます。

スプレー付き遮光瓶に移した後、水45mlを加えます。

お風呂で

お湯の中にゆったりと浸かっている間に、
湯気と一緒に立ち上る香りが優しく包み込んでくれるアロマバス(全身浴)。

アロマバスでは、閉じられたバスルーム空間の中で、
呼吸器から効率的に芳香成分を取り入れると同時に、
肌からも微量の香りの成分が浸透します。

お湯で揮発するエッセンシャルオイル(精油)の働きに、
入浴のリラクゼーション、温熱効果が加わることで、
心身両面に対して高いアロマテラピー効果を得ることができます。

アロマバスのやり方

バスタブにエッセンシャルオイル(精油)を3〜5滴程度落とします。
(入れすぎないように注意)

よくかき混ぜて、エッセンシャルオイル(精油)をお湯の中に拡散します。